事務所紹介

弁護士挨拶

「勝訴を請け負う」 ~多田法律事務所~

「良い弁護士」はどのような弁護士でしょうか?

私が考える「良い弁護士」は、「勝訴を請け負う弁護士」です。

「勝訴を請け負う」とは、たとえば、負け筋の事件を逆転勝利することではありません。
(そのような弁護士を私は信用しません。)

私が考える「勝訴を請け負う弁護士」は、誠実で、かつ、能力の高い弁護士です。
具体的には、

  • 相談者様が抱える事件の見通しを正しく判断し、
  • 解決不能(負け筋)と判断した場合には、無用の弁護士委任をお諫めし、
  • 解決可能(勝ち筋)と判断した場合には、技術を尽くして事件を解決する、

ことができる弁護士です。

このような弁護士は、負け筋の事件を受任することがおのずと減り、訴訟においては「常勝・無敗」の様相を呈することになります。
すなわち、「勝訴を請け負う」弁護士です。
(ただし理想であり、現実には無敗の弁護士など存在しませんが。)

多田法律事務所は、「勝訴を請け負う」ことを目指す弁護士の事務所です。
依頼者様に対し、能力を尽くして誠実に対応し、「勝訴を請け負う」ことができるよう全力を尽くすことをお約束します。

弁護士 多田 幸生

プロフィール

代表弁護士 多田 幸生

多田法律事務所 代表弁護士
多田 幸生 / Yukio Tada

所属弁護士会

東京弁護士会

取扱分野

企業法務全般・一般民事事件全般(詳細は別ページをご覧ください。

精通分野

不動産法・独占禁止法・反社会的勢力対応・中小企業法務・相続

略歴

東京大学法学部 卒業
中央大学法科大学院 卒業
みずほインベスターズ証券(現みずほ証券)に勤務(~2008年)
小野総合法律事務所に勤務(2011年~2016年)
諏訪坂法律事務所を共同経営(2017年~2020年1月)
多田法律事務所を設立(2020年2月~)

主な著書・執筆活動

別ページをご覧ください。

その他の活動

防衛省 再就職等問題調査班(2020年)
東京商工会議所 会員(2017年~)
日本不動産学会 正会員(2017年~)
東京弁護士会 中小企業法律相談員・公益通報相談員・民望暴被害者救済センター(事件担当)

資格

証券外務員一種(日本証券業協会)
内部管理責任者(日本証券業協会)